【第二期メンバー】選手紹介

松石 豪

実力、勝負強さなど全てを兼ね備えた初代個人ランキング1位の実力者。2期はドラフト権を手にしてどんなチームを作るのか楽しみである。オリハルコンの牙を武器とする漆黒の狼。

三坂 宏太郎

山浦月輪会の優勝に大きく貢献した実力者。山浦杯で優勝するなど勝負強さ、実力は折り紙つき。彼がどんなチーム作りをするのか期待したい。ドラフト1位指名は恩師山浦が固いところか。

吉武 祐一

腐っても吉武。腐った吉武。どんな状況にも柔軟に対応する自由自在の打ち手。「俺がドラフト権を取ったら中岡を1位指名する」と公言したという噂もある男気溢れる人物である。

陶山 昌明

第一期終盤は厳しい展開に苦しんだものの、誰もが認める実力者。皇帝の異名を持つ男はどんなチーム作りを考えているのか。

山本 康弘

安定した成績を残す実力者。フリー対局では破天荒な打ち方が目立つが、リーグ戦では、状況を把握した打ち方に徹して、チームポイントに貢献。感想記にて「地味な打ち方」と書かれたことを気にしているらしい。

田村 恵一

狂犬狂気サイコパスメガネ男子。メガネをかけるとツモ力10倍。ワンワンタイムからのガウガウタイムの爆発力は圧倒的。三度の飯より勝利に命を懸ける人物である。

白石 宏司

誰もが認める実力者。ここぞという時には必ず決める男。優勝請負人は、今期、どのチームで躍進するのか。全チームからのドラフト1位指名が間違いないとの噂も…。

平田誠

平田棒の明言を生んだ実力者雀士。ド天然キャラでチームに癒しを与える男でもある。ひっかけリーチを多用して相手を惑わせるトリッキーな打ち手は、今期、どのチームに癒しと笑いを与えてくれるのか。

福田 賢和

外見からは想像できない繊細かつ丁寧な麻雀を打つ。第一期では、厳しい状況の中、成績を上手にまとめてチームを牽引した。

山浦 賢一

金、女、名誉、全てを手に入れた男。

岡 拓生

粘り強く打ち、息を潜めてトップにこだわる打ち手。最近では、白石に弟子入りをして、さらなる実力UPに取り組んでいる。つまり、中岡の弟分。

福岡竜馬

知る人ぞ知る、麻雀界の熱男。第一期ではめくり合いに勝てず苦しい展開が続いたが、最終戦では燃える闘魂らしい、ツモあがりを連続して勢いに乗る。

藤田 雄介

素股が好きな豪運ファンタジスタ。光り輝く手牌に像増力溢れる一打で周囲のド肝を抜く打ち手。

中岡 伸介

カス。

岡 義准

岡拓生の兄。日々、麻雀を研究する努力家。その実力派フリーでも上位。

坂本 隆幸

あの有名な坂本。

玉置 良平

攻撃的な一打が特徴の打ち手。たまきち。意外とやけやすい。バイク好きな37歳。

長田 武士

豪快破天荒。

岩下

あの狼が一目置く実力派雀士。

まおくん

繊細な打ち回し、勝負を諦めない執念。期待の新メンバー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする