【5期1節】米倉大活躍!~2021/1/13~

2021年1月13日。
約1年の時を経て、稲妻リーグ5期がスタートとなった。
皮肉にも、この日、福岡にも緊急事態宣言がでる…。

ただ、Mリーグが中止していないということ、今のところまだ雀荘が自粛対象に入っていないということもあり、全員マスク着用、体温チェック、消毒と感染対策を行っての開始後なった。

1戦目 荒ぶる米倉。

記念すべき1戦目は…

陶山会…福田
ケルベロス…田村
白龍会…白石
月輪会…米倉

実力者同士のぶつかり合いとなった。
東1福田の親番。

「この親はさっさと流すか」

と米倉が早速仕掛けるが、その仕掛けに対して福田が…

「何ないとーとや!」と文句を言う。
文句を言いながらの親リーチ。

その後、更に福田は8sを暗槓。
だが、米倉はしれっと押す。

この押しに対して不服そうな福田。
だが、道中米倉もギブアップで福田の1人テンパイとなった。

2本場。
次は白石が自風の西を仕掛ける。
その直後、またもや福田がリーチ!

陶山会のチーム目標「リーチで攻め立てる!」を守る福田。
この局も福田の一人テンパイとなった。

次局、またもや白石が自風の西を仕掛ける。
今日は西日和だ。

だが、米倉が白石から2600をあがって東2局を迎える。
東2は今あがった米倉の親番だが、白石が丁寧な打ち回しで見事25mテンパイを入れての先制リーチ。
場況よく、今すぐにでもあがれそうな待ちだったが、そこに米倉が追いかけて、白石が赤5s一発キャッチ&ウラウラの12000放銃。

次局、福田にドラポンが入る。
ひよった米倉はリーチをかければハネツモまである手を冷静にダマって2600ALL。
この親で走らせてはいけないと、白石が次局もリーチをかけて1発ツモの2000.4000!

親に1発放銃でひとり点棒が少なくなっても、冷静に打てる。
これが優勝請負人の強さの秘訣か。

現在ラス目の白石の親番。
ここは福田のゲームメイクが光る。
さくっと仕掛けて1000点で白石の親番を流す。
福田、いやらしい。


上手いけどいやらしい。

さてさて、ここでようやく田村の名前が出てくる。
狂犬と言われる田村だが、この半荘は空気になっている。

とは言え、ここまでの局は手が入らずに先手を取られて受けに回っているだけで、チャンスがあれば一気に同卓者の喉元に食らいつくだろう。
そして、この親番で手が入っての6.9s待ちリーチ!

狂犬田村の親リーチは怖いが…
白石にもチャンス手。

「こんな1p位通るでしょ」

としれっと押して、田村の当たり牌9sを吸収しての追いかけリーチ!
結果は、白石がド高めドラの5m、しかも赤5mをツモっての3000.6000!
これで一気に2着目まで浮上!

これで一気にトップまで!
と思ったが米倉が勝負を決めるチートイドラドラをこっそりあがってトップを決めた。

1位 米倉(月) +66.5
2位 白石(白) +14.5
3位 福田(陶) -23.7
4位 田村(ケ) -57.3

2戦目 結果のみ

この半荘は新規加入メンバーの渡辺が序盤のリードを守り切ってのトップとなった。岡田も見事な手順であがりを決めたが、500点足らず悔しい二着となった。
岩竹はリーチもしなければあがりもしない4着。地蔵ラス!

1位 渡辺(月) +60.6
2位 岡田(白) +20.1
3位 田中(ケ) -21.9
4位 岩竹(陶) -58.8

3戦目 結果のみ

1戦目と似たようなメンツ。白石が東島に変わった4人での対局で、今回も米倉がトップを獲りそうではあったが、ゴッドファーザー福田が意地の阻止。

1位 福田(陶)  +66.9
2位 米倉(月)  +24.0
3位 田村(ケ)  -27.1
4位 東島(白)  -63.8

4戦目 冷静と情熱の間

4戦目の顔ぶれはこちら。

陶山会…中岡
月輪会…渡辺
白龍会…岡田
ケルベロス…田中

今思ったが、ケルベロス以外すべて○○会だな。
さて、東1局は中岡の親番。

「自分はリーチしか出来ないんで」

と普段から公言する中岡も間7sリーチ。
田中から3900直撃で幸先の良いスタートを切る。

次巡、中岡が軽快にピンズに染めていく。
ホンイツではなく打点を見たチンイツの仕掛け。

ここに前局放銃したが田中がリーチで対抗するも、当たり牌の8pを掴んで12000放銃で苦しい展開となった。

次局も田中が積極的にリーチで攻め立てるが、和了には繋がらず、田中、中岡の2人テンパイで以前東1局が終わらない。

次局も中岡が先制リーチで子どもたちを威嚇するが、指を咥えて見ているわけにはいかないと渡辺がリーチをかけて、見事中岡から2600を上がる。

この和了で気分を良くした渡辺は東2の親番で字牌を2つ鳴いてのホンイツへと向かった。
岡田、中岡、田中の手にはそれぞれ字牌が浮いていて、親のひとり旅かと思われたが、こっそり中岡がチートイ手順でテンパイに向かう。

だが、手牌には白と発が浮いており。かなり厳しいが、この局面を変えたのが田中の一打。初牌の発を場に投げるが親の反応はない。
次巡、中岡がチートイドラドラ赤のテンパイを入れる。

発まちか、それとも白待ちか。
安全策で行くなら発を切っての白単騎。
ただ、発単騎ならかなりあがれそうだが、白はロンの可能性もある。

長考の末に出した結論は和了を見た発単騎リーチ!
場に打たれた白に田中がポンの声!

序盤から立直にポンに躍動する田中と中岡。
このハネマンの餌食になったのは親の渡辺。
重ねたいと思って取っていた発が12000放銃となった。

東3局、ここまで地蔵の岡田。
この親番で一気に場に参加したいところだろう。

「岡田の親は直ぐに流そうと決めてました」

と、振り返る中岡が珍しくピンフダマで岡田から1000点をあがって親流しに成功。
情熱の立直、冷静のダマ。


今日の中岡は冷静と情熱の間のバランスが良い。

東4局、田中の親番。
ラス目の親番で点棒を取り返したい田中だったが、ここでも中岡が先制リーチ。東場だけで4回の立直と実にウザい。ウザさに負けず立ち向かった田中が5200放銃となる。

南1、中岡の親番。
「この親は直ぐに流そう」
と決めていた岡田が今度は中岡の親番を先ほどの仕返しと言わんばかりに1000点で流す。

東場静かだった岡田の逆襲がここから始まる。
実局では渡辺から6400をあがって、自力で持ってきたラス親では4000ALL!
これでトップ目中岡の背中を捕えた!

が、射程圏内に捉えられても焦らないのが今日の中岡。
中アンコのツモり四暗刻イーシャンテンとなる。

トイツの1mを落としての14s待ちテンパイを目指すか。
それとも23sを落としてのツモり四暗刻の形に受けるか…。

中岡の結論は、岡田の親を流す為の1m落としであがりきった。
これには記録を取っていた三坂も思わず「良い一打でしたよ、下手くその割に」と試合後、中岡を褒めていた。

このあがりが決め手となり、1半荘で6回とあがりまくった中岡が今期初トップとなった。

1位 中岡(陶)  +80.7
2位 岡田(白)  +17.8
3位 渡辺(月)  -32.5
4位 田中(ケ)  -66.0

5回戦 病人たちのバトル

5回戦の顔ぶれは…

陶山会…岩竹
ケルベロス…田中
月輪会…米倉
白龍会…東島

となった。
東1局では岩竹が先制リーチ。

「ガジあるかなー」

と意味不明な発言。
きっと病んでいるのだろう。


この意味不明発言の甲斐あってか4000ALL。
次局も岩竹がリーチを入れるも、米倉がマンズの染め手で立ち向かう。

そこに飛び込んだのは東島。
米倉の手は、ドラの5m使った役役ホンイツドラ3のハネマン。
の、ハズだが…

「倍満」

とドヤ顔申告。
周囲がきょとんとすると…

「役役ホンイツドラ3“チャンタ”

とさらにドヤる。
もう1度言おう。ドラは5mである。
周囲から5mを使っているとチャンタはつかないと教えてもらって納得。

それでも、気分を良くした米倉は次巡も先制リーチ。
これに向かうのが岩竹。1000点の手でゴリ押し。岩竹、今日もブレーキは壊れたままだ!

いつか放銃すると思っていたら、なんと放銃したのは東島。
5200の出費。

東3では岩竹がマンズに染めていき、発の加槓をすると新ドラは発ともろのり!
手牌は

236789、東東北北 発発発発と超チャンス手!
結果から言うと、米倉がリーチして2000.4000をあがったのだが、岩竹は

「大魔王したかったのにー!」

と悔しそう。
先ほどからガジだの大魔王だの意味不明発言を繰り返す岩竹。
彼は麻雀ではく、違う競技をしているのではないかと不安になる。

その岩竹が次巡リーチ。
東島に追いかけられてビビる。

だが、ここで掴んだのは東島でウラウラ5200。
この放銃に米倉は…

「見えてるもん」

とまるで当たり牌を分かっているかのような発言。
一体、彼には何が見えているのだろうか。先ほどの5mを使ったチャンタと言い、見えている発言と言い…
正気じゃないよ!

ここまで放銃の続く東島にようやくチャンス手。
索子のチンイツに向かう。
東島の上家の田中はノーケアでどんどん索子を鳴かしていく。

「これは私のあがりですよ!」

と喜ぶ東島だったが、悲しいことに岩竹があがってしまう。
今日の東島、あと1歩のところまでくるも、そのあと一歩が遠い展開だ。

さて、局面はオーラス。
岩竹はマンツモトップ、ハネマン出あがりの条件。
間3pでのマンツモが見える条件を満たすもダマ。
234の三色が完成して裏1ハネマンに手替わりするもダマ。

これを見ていた福田がチームメイトの中岡に小声で…

「あの人裏1トップって分かってんの?」
「なんでダマなの?頭おかしいの?」
「曲げろって!」
「バカやないと?」

と激オコ。
その怒りも空しく流局で米倉のトップとなった。

1位 米倉(月)   +74.7
2位 岩竹(陶)   +25.5
3位 田中(ケ)   -22.2
4位 東島(白)   -78.0

6回戦 結果だけ

福田がメンホンチートイドラ3の大物手をツモって一気に勝負を決めた。

1位 福田(陶)  +73.1
2位 渡辺(月)  +10.3
3位 田村(ケ)  -23.5
4位 福岡(白)  -59.9

7回戦 ガウガウ復調の兆し

今局の顔ぶれは…

ケルベロス…田村
月輪会…米倉
白龍会…白石
陶山会…岩竹

今日、ここまでを通して大人しい田村が気がかり。
その田村を心配してか、外部から福田も田村を煽っていく。

この煽りが効いたのか、田村が東発の親番で2900をあがる。
ここまでの半荘、副露の声さえ聴けなかった田村だったが、ようやくここでエンジンがかかってきたのか、次局も積極的に手数を増やしていく。

が…その親番を好調米倉が交わす。
東2局では、米倉が岩竹から2000点をあがるのだが…記録用紙には…

「米倉ドラをトイツ落としでリーチ」

と意味不明なことが書いてある。
そんなことは絶対にないハズだが、誤記だと思いたい。
が…5mを入れたチャンタだの、相手の手牌が見えているだの、色々心配になる発言を繰り返す米倉だから少し心配にはなる。
思えばこの人、ギャンブル依存症だったな…と古い記憶が甦る。

その米倉は次局も先制リーチ。
あがりには結びつかなかったが、ここで注目したいのが白石の手順だ。
ここまで苦しい配牌で我慢の展開が続く白石なのだが、このリーチに対して、周りに回ってテンパイを取る。こういう細かいテンパイを取れるのは強者の証だろう。

さて、ここまで大人しかった田村。
東2局2本場でツモり四暗刻のテンパイを入れての立直!
ここでツモって今日の嫌な流れを消したいところだがあがれずに流局。

ここからは、岩竹が親番で5800、2600ALLと稼いでトップに立つ。
ここまで陶山会でトップを獲っていない岩竹、福田に文句を言われないためにも是が非でもトップを獲りたい!

ただ、東4局では田村が隠れドラ暗刻のテンパイを入れており、白石が痛恨の放銃。
ようやく、狂犬らしいあがりが出た。
このあがりで気を良くした田村は南場の親番で米倉から3900をあがってトップ争いに参戦。
その後もリーチで攻め立てていくも、その攻めに水を差すかのように、白石の立直に岩竹が一発放銃。

どんな手牌から放銃していたのは気になるところだが、きっとテンパイしていたのだろう。
いや、岩竹のことだから、大魔王やチートイチートイのテンパイに違いない!

親番を流されてキレた田村は次局に3000.6000を決める。
ここまで来たら一気にトップを獲りたい田村だが、米倉がリーチで攻め続けて、これに2局連続での8000放銃となり、2着に沈んだ。

1位 米倉(月)  +50.7
2位 田村(ケ)  +9.1
3位 岩竹(陶)  -14.7
4位 白石(白)  -45.1

8戦目 田中の倍満と顔を歪める福岡

本日の最終戦。
陶山会…中岡
ケルベロス…田中
月輪会…三坂
白龍会…福岡

今期、初登場の三坂。
会場のボルテージが一気に上がる。
が、気になったのはこちら。

中岡、三坂、福岡には「さん」が書かれているのだが、なぜか田中だけ「さん」がない。


記録者は渡辺。新規加入の渡辺。
いいよ、こういうネタ。助かるよ。

だが、なぜ田中だけ呼び捨てなのか、今度問い詰めてみたいと思う。
東1局は、今日も熱いファイトを見せてくれそうな予感が120%する福岡の親番からスタート。

「この親はさっさと流したいなー怖いからなー」

と三坂が早々に仕掛ける。
が、この仕掛けが田中の悲劇に繋がる。
三坂の仕掛け後、中岡にはピンズの嵐が押し寄せる。
あっという間に、東アンコの4679pと4面張メンホン完成で4pならダマハネ。

これを鬼のダマ。
田中の手からこぼれた4pでロン!
開局早々手痛い12000放銃。

東2は今あがった中岡の親番。
着々と牌を並べてリーチからの1発ツモで4000ALL!
次局も並べてリーチを打ってツモって2600ALL。

東2で早くも56800点を持った中岡。
これ以上走られては…と三坂が間3mのリーのみで立ち向かう。
しかし、既にこの時点で中岡の手は47s待ちの親マンテンパイ。

三坂危うしと思われたが1発で中岡が当たり牌を掴んで
「おっとウラウラ失礼!」
とマンガンをあがった。

リーのみでも臆せず打てる。
これが三坂の強さだ!

次局も三坂がリーチで攻めるが、福岡がこっそりツモって1000.2000。
静かに闘志をたぎらせ、卓上の温度があがっていく。

東4局、三坂の親番。
早々に仕掛ける。234の三色バレバレの仕掛け。
これに対して田中がドラの中を使った勝負手リーチ!

「俺も参戦するぜー!」

と中岡がおいかけるも、宣言牌の2pが三坂にあたる。
234の三色見え見えの仕掛けにピンズの下を切るヌルい打牌。

「ぬるい打牌しやがってボケが!」

と勝負手を潰された田中の唇が怒りに震える。
その田中、次局もドラ7mを2枚使いの勝負手リーチで見事にツモる!

なんと、裏ドラも7mで倍満ツモ!
ドラに愛された男の復讐が始まる!

舞台は南場。
我慢の展開が続く福岡。この親番でなんとかしたいところだ。
かなりの勝負手が入っているらしく、一打一打に気合が漲る。

そして、三坂の切った3mにロンの声。
声の主は福岡ではなく、東場の親が終わってから静かだった中岡。
ダマで福岡の親を流す。この親流れに思わず…

「くぅぅぅ~」

と顔をゆがめる福岡。
あがっての親番ほど気分が良いものはない。

先ほどはダマった中岡がここでは先制リーチ!
この局はあがれず、この半荘で初の流局となった。

次局は三坂がチーテン8000テンパイ。
ズルい。
こんなのに放銃したら流石に誰でもヤケる。

放銃したのは福岡…。
こんな8000放銃は支払いたくないし、なんなら怒って帰っても良いレベルだが、そこは紳士な福岡。顔を歪めながら静かに点棒を渡す。

「この痛みが俺を強くする」

と心の中で思ったかどうかは知らないが、きっとそんな感じだっただろう。
その福岡、渾身のハネツモを作っての熱男リーチ!

リーチ棒が赤く燃えている!
が、情熱実らず、親番田中のトイトイドラ3の当たり牌を掴んで12000放銃で激痛に顔が歪む。

田中、開局12000放銃からの2着浮上!
流石は2020年山浦杯チャンピオンだ!

だが、田中の反撃もここまで。
残り局は中岡がさくっと仕掛けて終局させた。
さて、この半荘は全部で14局、三坂の仕掛けが7局と副露率5割。
実に面白い数字である。

1位 中岡(陶)  +69.8
2位 田中(ケ)  +11.1
3位 三坂(月)  -16.1
4位 福岡(白)  -64.8

1節終了時チームスコア

1位 月輪会三坂組 +238.2
2位 初代陶山会  +218.8
3位 ケルベロス  -197.8
4位 白龍会    -259.2

次節の見どころ

【月輪会】デビル大橋投入でポイントを叩くか!?
今節は新規加入戦力の大橋温存で見事首位に躍り出た月輪会。米倉がドラフト1位らしい働きでチームを引っ張り、渡辺もトップを獲るなど好材料が揃っている。おそらく、次節はリーダー三坂の登場機会も多くなり、盤石の体制で守備固めに向かう。

【陶山会】進化する皇帝、陶山の超攻撃的麻雀に期待!
今節は、リーダー陶山の温存するも、中岡、福田の活躍で2位と好発進の陶山会。岩竹もトップこそなかったものの、2着と点棒のある3着とチームに貢献。この調子で陶山が加われば、さらにポイントを稼げるだろう。

【ケルベロス】まさかのマイナススタートだが牙をもつのは一人じゃない!
田村のまさかの不調でマイナススタートとなったケルベロスだが、心配はいらない。なぜなら、このチームに牙を持つのはもう1人いるからだ。そう、松石の存在はかなり大きい。牙を研ぐ狼。次節爆発なるか!?あ、あと瀬戸も。

【白龍会】縁の下の力持ち、岡田の活躍に応えたい!
今節は、苦しい展開となった福岡、白石、東島の3者だが、岡田が2戦2連帯と耐える麻雀になりながらも、しっかりプラスを叩いている。他3者、展開に恵まれないだけで、そう心配はいらないだろう。次節、白(石)龍(馬)の暴れん坊っぷりに期待!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする